フロアコーティングのアレコレ~住みやすさはコレで即GET~

内観

施工方法の違い

施工業者の利用方法

床

いつまで新築同様の綺麗なフロアを維持できるフロアコーティングは、その施工のためには最初に業者選びから始めます。地元の工務店や塗装業者、最近ではフロアコーティング専門会社も増えており、その中から請求した資料やウェブサイト、評判などを総合判断して依頼をする業者を決めます。 必要ならば実際に現地調査をしてもらい、相見積りをしてもらうのも有効です。そのような選別で依頼をする業者を決定したら、より細かな施工内容について話を詰めます。フロアコーティングの種類や施工時期などもこの時に決定します。 最終的な詳細見積もりで納得がいったら、契約のサインと支払いを行い、いよいよ業者が施工時期に沿ってフロアコーティングを行ってくれます。

フロアコーティングの相場

まず最初に知っておきたいのが、フロアコーティングは多数の商品があり、その特徴や性能ごとに価格が大きく違っている点です。そのためフロアコーティングの相場を判断するためには、価格だけでなくその特徴や性能を見て判断をする必要が出てきます。 例えば安価で施工できるフロアコーティングとしてはウレタンコーティングがあります。ウレタンコーティング自体にも床暖房対応や匂いが少ないタイプなど種類がありますが、相場としては6畳で5万円程度の価格となります。 耐久性の高さや光沢感、無機質を求めるならばガラスコーティングがあります。こちらの相場は6畳で10万円から15万円程度とやや高めですが、15年から20年ほどの耐性を持ちます。